<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
StoneTown01
2009/6/30

皆でパッキングし終わったのは10時半。ダラダラが来たのは11時半。ストーンタウンに到着したのは1時半。4人で宿にチェックインした後、私はモザンビーク大使館へ。聞いていたダルエスサラームでのビザ料金より20ドル高いので迷うけれど、ダルエスサラームに戻ってまだビザがなくて待つかもしれないことを考えて申し込む。その後は町ブラ。ぐるぐる歩き回って疲れて帰る。町はフィルムフェスティバルでにぎやかだけれど、時間が中途半端で見られず。明日時間が合えば見てみよう。

map:x39.191331y-6.164750:map   現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-30 16:09 | 19 Tanzania
Jambiani02
2009/6/29

今日は一日のんびりする日。朝食の後洗濯。宿にあった本を手にとり読み始める。お昼の後みんなとすぐ目の前の海へ。サンゴの砕けたものという白い細かい砂が続く浜はとてもきれい。でも細かすぎる砂は水を含むと泥になる。引いた潮を追って沖へ歩き始めると田植え直後の田んぼを歩くように足がズブズブと潜って歩きづらい。素足ならまだいいけれどウニがいたるところにいるのでそれも危険。そんな散歩の後はまた読書。出てくる夕飯もおいしいし、ついつい長居したくなるところだけれど、明日には出なきゃ。。残念。
b0153221_168330.jpg

[PR]
by uranyukiko | 2009-06-29 16:06 | 19 Tanzania
Jambiani01
2009/6/28

昼にフェリー乗り場まで送ってもらって、船に乗る。荷物は最低限のものだけなので楽チン。ザンジバルについたのは3時。タクシーやミニバスや宿の勧誘を振り切ってバスターミナルへ。ついたところで、ダラダラ(乗り合いトラック)の横で行き先を叫んでいる人がいる。聞くと4時に出るらしい。出るときには荷台よりも助手席が良いとわざわざ移動させてくれて親切だなぁ。と思っていたら、実は詐欺。偽車掌でバス代だけでなくそのお釣りも帰ってこないまま彼はいつの間にか姿を消していた。。そんなぁ・・・本物車掌さんや運転士さんは同情してくれて本当のバス料金(120円
)は免除してくれたけれど、ちょうど少額紙幣を持っていなかったので被害額は一万シリング!(750円)私にとっての高めの宿代と一緒でショック。。。でも到着した宿はうわさ通りよいところで、ダルエスサラームで会っていた日本人の子たちと合流して楽しくおしゃべり。立ち直る。

map:x39.543868y-6.307882:map   現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-28 16:02 | 19 Tanzania
DarEsSalaam04
2009/6/27

10時に引っ越し。宿の仲間に別れを告げて、高級宅地へ。ショーンの家はビーチからすぐ。プールもある家で私の部屋にも当然専用のトイレとシャワーがついている。午後はショーンのボートを見に行く。ヨットクラブはここがアフリカ?と思うほどきれいな場所で、ハシケで彼のボートについてみれば、4ベッドルーム管理人付き20人定員の豪華なヨット。すばらしい。夜は彼の家でほかの友達も来てパーティ。昨日までの安宿安飯の生活からのギャップがすごくてめまいがする。。。
b0153221_161735.jpg

[PR]
by uranyukiko | 2009-06-27 15:58 | 19 Tanzania
DarEsSalaam03
2009/6/26

昨夜寝る前に読み始めた本、宿にあった浅田次郎を一気に読んでしまって寝たのは3時。でも8時には掃除の音で起こされる。眠い。。ショーンからは連絡なし。10時半に出かける。モザンビーク領事館は今日はやっているけれど、ビザを申請したいと言ったら、なんとビザのシールが売り切れ中で発給できないという。来週になればたぶん来るはずだけれど。って。こんなことってあるんだとビックリ。通過予定の国境ではビザは取れないので困った。またザンジバルから帰ってからチャレンジする。と言ったら、ザンジバルにも大使館があるそうな。その後は町を歩いてバイク用品屋探し。お昼を食べて帰ったらぐったり。暑い。どうやら電話もSMSもショーンとつながらないらしい。同じ宿の人に現地のSIMカードを買ってもらいやっと連絡が取れて、明日朝に彼の家に引っ越すことになった。
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-26 15:45 | 19 Tanzania
DarEsSalaam02
2009/6/25

モザンビークのビザを申請したいけれど、今日はモザンビークの祝日だった。。洗濯した後、これからザンジバルに行く日本人の子たちについて港へ。チケットオフィスを確認する。彼らを見送った後、念のため聞いてみたらバイクを持っていくのは往復100ドルくらいといわれる。高い!午後はダメモトでモザンビーク領事館に行ってみるけれどやっぱり休み。次は日本大使館へ行って手紙を受け取り、冷房の聞いたところで新聞を読む。その後、ニックの友達のショーンのオフィスを探してバイクでウロウロ。やっと見つけたけれど、彼は外出中。電話をしてくれるように伝言して帰る。
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-25 15:31 | 19 Tanzania
DarEsSalaam01
2009/6/24

今日はゆっくりチェックアウト時間の10時まで宿で過ごす。バイクに荷物をパッキングしてからメットとジャケットも預けて町を歩く。はじめはローマカトリック教会と博物館。スイス人オーバーランダーに会っておしゃべり。町ブラしてお昼を食べて宿に戻ってバイクに乗ってカオレ遺跡へ。遺跡自体は大したことないけれど、こういう寂れた場所は結構好き。まぁバガモヨ自体がそうではある。さて、ダルエスサラームまでは70K。あっという間に到着。ニックの友達のところへ行く予定だったけれど、連絡がとれない。渋滞の中安宿をさがしてチェクイン。荷物を運び込んだら同じ宿の日本人客がこれから夕飯を食べに行くというので、私も混ぜてもらって久しぶりの日本語おしゃべりを楽しむ。ナイロビ以来だ!
b0153221_12471896.jpg
map:x39.282006y-6.809761:map   現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-24 12:46 | 18 Kenya
Bagamoyo
2009/6/23

今朝は朝からいい天気。こういう天気ならキリマンジャロも見られたのに。と思う。夜露でぬれたテントや乾いてなかった洗濯物を乾かしてから出発は10時半。幹線道路まで同じ道を戻るのではなく、ちょっと山の中のダートを走る。。つもりが思ったよりも遠回りで、景色もよく楽しかったけれど4時間ちかくかかってやっとふもとに出る。幹線道路を南下してバガモヨに行くダートの分岐は4時半。あと60K。間に合わなかったら途中でキャンプだと思ったけれど、日の沈む時間にまにあった。でもあてにしていたキャンプは一つは閉鎖中。もう一つはリゾートホテルでテントで12ドル!町中の安いゲストハウスの駐車場つきを探して落ち着いたらもう7時。疲れた。。
b0153221_12445751.jpg
map:x38.902974y-6.441905:map   現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-23 12:44 | 19 Tanzania
Lushoto02
2009/6/22

今日は近くをトレッキング。自力で行く予定だったけれど、曇っていて行きたいViewPointが曇っていても大丈夫かインフォメーションに聞きに行ったら、一人だと危ないだの道に迷うだの言われてガイドつきで行く。めちゃくちゃ高い($20=1日の予算の倍)けれど利益は村の学校建築に充てるとか言うし、仕方ない。高いだけのことがあって立派なランチがつくけれど、ガイドなしで来たコリアンの女性とあってちょっと後悔。ついたViewPointはハングによさそうな場所。飛びたくなる。近くにパラのエリアはあるらしい。12K歩いて帰って少々筋肉痛。運動不足だなぁ。夜、久しぶりに星を見る。明日は朝からいい天気になりそう。
b0153221_12432356.jpg

[PR]
by uranyukiko | 2009-06-22 12:42 | 19 Tanzania
Lushoto01
2009/6/21

昨夜から降り始めた雨は朝まで続く。当然山は見えない。雨が止んだ9時からパッキングする。もう一日くらい晴れるのを待とうか迷ったけれど、じめじめした天気がいやで走り出す。燃費が悪くなるほどの向かい風をうけつつ東へ。天気は大分よい。ルショット到着は4時半。町手前のキャンプ場は値下げしてもまだ5ドル以上。町に近いホテルのキャンプは5ドルに値下げしてくれたのでこっちにする。

map:x38.293704y-4.799417:map   現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-06-21 12:41 | 19 Tanzania