> カテゴリ
全体
00 Japan
01 Russia
02 Mongolia
03 Kazakstan
04 Kirgiz
05 Uzbekistan
06 Tadzhikistan
07 Turkmenistan
08 Iran
09 Turkey
10 Bulgaria
11 Romania
12 Syria
13 Lebanon
14 Jordan
15 Egypt
16 Sudan
17 Ethiopia
18 Kenya
19 Tanzania
20 Mozambique
21 Malawi
22 Zambia
23 Zimbabwe
24 Botwana
25 Namibia
26 SouthAfrica
27 Argentine
28 Paraguay
29 Brazil
30 Chile
31 Uruguay
32 Venezuera
33 Columbia
34 Ecuador
35 Peru
<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
Kartoum02
2009/3/31

朝から出かける。レジストレーションの確認。エイリアンオフィスに行くのだけれど、あっちだ、こっちだと言われ一時間近く走り回る。どうやら新しいところと古いところの情報が錯綜しているよう。やっとついたのは、古いところ。ここじゃないといわれて親切に歩いて20分案内してくれる。うぅ。バイクで来たかった。。でも帰りも待っていてくれて一緒に戻る。エジプト人なら別れ際に、「(親切にしたんだから)バクシーシ(お金頂戴)」と言うところだけれど、スーダン人は言わずに笑顔で「じゃぁ」で終わり。素晴らしい!!
b0153221_1075011.jpg

[PR]
by uranyukiko | 2009-03-31 16:53 | 16 Sudan
Khartoum01
2009/3/30

今朝は朝ご飯の最中から近くの子供たちの注目を浴びながら。パッキングが終わって走りだすまで続く。有名人になりたい人はアフリカに来るといい。人の視線を浴びることがどれだけ疲れることか、よくわかる。子供たちにとっては、パンダが近所に来たようなもので仕方ない。ハルツームは思ったよりも大都会でびっくりする。暑さで頭痛がする中、町外れのキャンプ場へ。安くて日陰もあっていいところだけれど、ここでもパンダ並みの注目を集めてあまり居心地はよろしくない。
b0153221_107975.jpg
map:x32.569772y15.523862:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-30 09:03 | 16 Sudan
Begrawiya
2009/3/29

夜中、このまま砂に埋もれるか?と思うほどの砂嵐。朝も強風で荷物は砂だらけのままパッキング。走りだしても砂嵐で先がよく見えないこともある。アトゥブラのフェリーは昼。2カ月後には橋ができるそうな。町のマーケットに行って買い物をしたりする。その後南下してピラミッドを見る。見終わったら裏の方でテントを張って夕日を待つ。砂嵐ですっきりした夕焼けにはならなかったけれど、なかなか良かった。
b0153221_1063434.jpg
map:x33.754696y16.941921:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-29 09:02 | 16 Sudan
190k to Atbara
2009/3/28

今日は沢山走ろう。Dongolaは給油と買い物だけによって、その後はKarimaに向かう。新しくできた道は完全舗装だけれど、北風で横から来て飛んでくる砂粒が痛くてスピードを出せない。それでもKarimaはお昼到着。こじんまりしたピラミッドを眺めてから、街中へ。ネットカフェを探してNHKレポート送る。つながるまで待つこと30分。いやはや田舎でネットは大変だ。その後はまた新しくできたアタバルへ向かう砂漠道路。また横風が強い。5時ちょっと早いけれど風がよけられそうな場所を見つけて砂だらけになりつつテントを張る。今日も夕焼けと星空がきれい。北極星がどんどん低くなってきた。そろそろ南十時が見えるかな?
b0153221_106645.jpg
map:x32.434126y18.035152:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-28 09:00 | 16 Sudan
near Dongola
2009/3/27

今朝は9時出発。朝ご飯まで用意してくれて嬉しい限り。ありがとう!さて、今日は走るぞ!と思っていたけれど砂が深い場所がところどころあり苦労する。一度転んで砂だらけになる。その後日陰で休んでいたらフロントタイヤに刺さった木の刺を見つける。抜いてみたらシューッといやな音。パンク修理。終わって走りだそうとしたらアレ?また空気抜けている?これはムシが悪かっただけだけれど、午後もう一度休憩直後にパンク。日陰は休憩にはいいけれど刺には注意しなきゃ。二度目のパンク修理が終わったら5時半。Dongalaの町の手前でテントを張る。
b0153221_1053749.jpg
map:x30.493305y19.212979:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-27 08:59 | 16 Sudan
Wawa
2009/3/26

今朝は9時半出発。工事の中砂まみれになって町に到着。ガソリンを入れてサイ島に行こうとするけれど渡し舟乗り場がわからずに通り過ぎてしまった。次のSoleb神殿は通り過ぎないように携帯のGPSをチェックしながら走る。向かいの町についたのはお昼。風が強いので止むまで待てといわれて待つこと数時間。4時になってやっと船で連れていてくれる。遺跡自体は大したことなかったけれど観光地化されていない遺跡はそれはそれで良い。ちょっと高いのが玉に傷。往復のボート代もかかったし今日もキャンプでタダ寝しよう。と思ったら、ボート屋の家族が家に泊まっていけ、という。タダでいい。というので甘えさせてもらうことにした。
b0153221_9164015.jpg
map:x30.343070y20.448400:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-26 08:57 | 16 Sudan
120K from WadiHalfa
2009/3/25

風が強いのでバイクを乗せた貨物船は遅れているという。朝一でレジストレーション。50ドルと聞いていたけれど自分でやると103ポンド(約43ドル)。7ドル損をしないで済んだ。貨物船はお昼に到着。バイクの受取は頼んでいないのに南アの2台の車と一緒にフェリー会社の人が手続きをしてくれてしまって35ドルとられる。実際には16ポンドのレシートだから手数料に28ドル。うーん高い!走りだしはお昼を食べて2時過ぎ。100Kくらいは舗装道路が続く。5時過ぎ、道を外れて風の当たらないところを見つけてテントを張る。寝る前にオリオンを横切る大きな流れ星を見て嬉しくなる。
b0153221_9161776.jpg
map:x30.693445y21.063092:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-25 08:56 | 16 Sudan
WadiHalfa
2009/3/24

朝六時、最初で最後の英語の放送がある。「アブシンベルが見えます」遠くにだけれど水のうえから再度神殿を見られて嬉しい。昨夜の嵐では珍しく雨が降ったらしい。国境は雨とともに、再来。WadiHalfa到着は昼。同じ船の外国人全員でナイルホテルへ行き、チェックインしておしゃべりして時を過ごす。シンガポーリアンのウェイはなんとダハブでご飯を作ってくれた秋桑を知っているとかで嬉しいびっくり。
b0153221_9155196.jpg
map:x31.347945y21.801930:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-24 08:56 | 16 Sudan
AswanHighDam
2009/3/23

今朝は7時起きの9時出発。港に行く途中でガソリンを入れようとしたけれど、ガソリンスタンドのないまま港についてしまう。スーダンもそんなにガソリンが高くないことを祈ろう。手続きは10時すぎから始まって11時半には終わる。でもバイクを乗せるのに外でずっと待つ。バイクを乗せたのは5時。当然すでに2等の自由席は一杯。甲板でなんとか場所を確保してマットを敷き寝袋に入る。星空を見ながら風に吹かれて気持ちよく寝ていられたのは10時まで。風が強くなり甲板強制退避令。11時には戻ってまた寝る。
b0153221_9151522.jpg
map:x32.893816y23.850663:map  現在地
[PR]
by uranyukiko | 2009-03-23 08:53 | 15 Egypt
Aswan05
2009/3/22

今朝は早起きしたので8時には出かけることにする。西側へいくフェリーは地元民は0.25ポンドなのに観光客だと5ポンド!20倍もする。何とか2ポンドまで値下げして乗る。西側のお墓を見て丘を超えて砂漠を歩いて修道院やアガ・ハーン廟みてまた歩いてフェリー乗り場へ。帰りは1ポンドで乗れてホッとする。
b0153221_9144018.jpg

[PR]
by uranyukiko | 2009-03-22 08:52 | 15 Egypt